メニュー

ものもらいの治療

まぶたの脂腺に細菌感染して起こる急性化膿性炎症で、医学的には麦粒腫、霰粒腫と言います。まぶたの一部が赤く腫れて痛みや痒みを感じる目の病気です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症で、腫れる場所によって内麦粒腫と外麦粒腫があります。

まぶたの裏側が腫れ、赤くなるが痛みやかゆみはあまりありません。

原因

主に黄色ブドウ球菌の感染が原因となり、まぶたの縁にある特殊な皮脂腺の出口がつまり、中に分泌物が溜まって腫れる場合(麦粒腫)と、まぶたの裏側などが腫れる場合(霰粒腫)があります。

治療について

抗生物質の点眼薬・内服薬や消炎剤の点眼薬によって治療いたします。
また、化膿が悪化した場合には切開による膿の排出を必要とする場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME