メニュー

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の一つですが、自覚症状がないままに進行し、毎年約2千人ほどが社会的失明に至る病気です。血液中の糖分が高いために血管が傷害され、目の網膜血管が詰まったり、出血したりして視力が低下します。

治療について

糖尿病網膜症は、血糖値のコントロールが病気の進行を防ぐ有効な治療になりますが、網膜症が進行した場合には、レーザーによる治療や、視力を維持するために硝子体注射や硝子体手術による治療も当院で行います。

糖尿病網膜症は、病気が進行しても自覚症状がほとんどない場合があり、定期的な検診を怠ると、知らないうちにかなり進行していることがあります。定期的な検診を受け、日々の健康管理をしっかりすることが最善の治療といえます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME